~魅力的な女性になるために~【女子力UP】

【女子力UP】TOP>女子力アップ法>自分磨き>資格
資格

日本化粧品検定は、化粧品についての高い知識を持ったスペシャリストを育成することを目的とした検定。

2013年に第一回試験が行われたばかりの新しい資格試験です。


芸能人やモデルも多く資格を取っており、流行に敏感なおしゃれ女子や美容業界関係者の間でも話題に。

1~3級に分かれており、1級に合格すると研修プログラム終了後に「コスメコンシェルジュ」の資格を認定されます。

コスメコンシェルジュとは、あらゆる肌に対して最適なコスメを選ぶことができる化粧品のプロフェッショナル。

資格を持っていれば、美容業界や化粧品メーカーへの就職が有利になるでしょう。

ショップ店員やカウンセリングとしてもハクがつきます。


もちろん自分自身が化粧品を選ぶ時にとても役に立ちますし、友人や知人にもアドバイスしてあげられるでしょう。

美容や化粧品に対して知識が深まり、女性としての魅力がアップするはずです。

受験資格は美容に関して興味を持っている人なら年齢性別を問わずに誰でも受けられます。

勉強する中身は美容皮膚学や化粧品の基礎知識・メイク方法や簡単な薬事法など様々。

協会公式のテキストがあるので、勉強してみてください。

実際に役に立つ知識を習得し、女子力に磨きをかけましょう。

占ってみる

ひとりで抱えきれない悩みはありませんか?

「女子検」と略されることもある日本女子品格検定は、まさしく現代版やまとなでしこを育てるための検定。

古き良き時代の日本女性は、おもてなしの心・相手への気遣いとして茶道や華道をたしなんできました。

その伝統的な作法を今の時代に合わせて学ぶことができる検定試験です。

現代では「お茶」と言えば紅茶やコーヒー。

「お花」と言えばフラワーアレンジメントを扱う場合が多くなっています。

そのため、伝統的な作法だけでなく現代風の勉強もしっかりできることがポイント。

テキストは各界の専門家や有名団体が監修しています。

日本茶や紅茶、コーヒーの知識を学べる「ドリップ検定テキスト」では、豆の種類などの基礎知識から豆の選び方、美味しい淹れ方までを網羅。

日本切花協会が発行する「花検テキスト」「花テキスト」では、花の名前やフラワーアレンジメントの基礎まで勉強することができます。

テキストを使って自宅で勉強し、検定日に試験を受けにいくというスタイル。

合格すればフォーマルシーンから日常生活まで、あらゆる場面で習得した知識を使って高い女子力を発揮することができるでしょう。

おもてなしの心を持って日本女性らしい立ち居振る舞いができるはずです。

TOPへもどる